NO IMAGE

『熊本地震』

NO IMAGE

九州地方での震災や避難所の映像、支援物資の不足や死傷者の報道が5年前の記憶を鮮明にします。
外部からの支援活動が直接現地に反映されるのは、どうしても時間差が生じます。
現地で中心となって救援活動をされている方は健康管理には十分注意して、くれぐれも余震や二次災害には警戒してください。
災害はどこにでも発生する可能性があります。
救援活動、復興活動は自らの体調管理や備えが不足していると万全に行動できません。
日本が一致団結して、頻発する災害を乗り越えるしかないですね。
一刻も早く九州地方の皆様の日常が戻りますよう、復興を心からお祈り申し上げます。

special dayの最新記事4件