『真っ黒な太平洋と青白く輝く波』

パソコンと睨めっこのレセプト(保険請求作業)業務を一段落とする。
今日は絶好の行楽日和だったらしいじゃないか!
お天道様がお月様に変わっても結構気分いいよ!
絶好のジョギングナイト!
ランニングシューズに履き替え走り出す。
ほぼ一本道を30分ほど走れば海に出る。
夏場は人で溢れかえる砂浜の高台に上る。
呼吸を整える。
目が慣れてくる、星の数が増えていく。
海風が汗ばんだ体を吹き抜ける。
潮の匂い。波の音。
目の前に広がる限りない真っ黒な太平洋と真っ黒な空。
波が崩れ、青白く輝く。
外灯の明かりが自分の影を海面まで伸ばす。
呼吸が整う。
やっぱり誰もいない。
このでっかい砂浜、海岸に俺一人!
気持ちをしっかり持たなければ、何かに吸い込まれそうな気さえする。
巨大な大自然。
別に神様に会いたくてここに来たわけじゃない。
「やっぱり、やるしかねーじゃねーかよ!」と、
当たり前の声が湧き上がる。
インターバル3分。
「セイヤー!」と気合一撃、正拳を捻じり込む。
帰路を走り抜ける。
行きよりカエルの声が増えたみたいだ。
あと2日頑張って、連休に秋田のド田舎でのんびりしてやる!
でも、この連休前の2日間がまた楽しいんだよね!
さあ今夜も沢山の夢を描いて眠ろう!